いままでとこれから

2009 

東京女子大学入学。東京という街に魅了される。めちゃくちゃ遊ぶ。
2010
再受験して立教大学へ入学。友達がずっといなかったけど、初めて友達ができて、やりたいことができて酒を飲むようになって、人生の質が向上する。自分で変えられることを知ってからは、なんでも自分から取り組むようになった。釣りをやったりバンドやったりオーガナイザーとしていろんなパーティをひとりで主催したり。
2014
卒業。IT分野の会社に就業。自分で変えられない壁にぶち当たる。会社は変えられない、規則は変えられない、客も変えられない、選べない。むかついたので11ヶ月でやめる。
またこの年から東京に住むようになる。実家と折り合いが悪く、ほぼ家出同然で、都内の友達のシェアハウスに流れ込む。東京に住めるのが嬉しいし、友達(10人くらいの大きいシェアハウスだった)と住めるのも楽しくてたのしかった。みんな優しくてしあわせだった。
2015
転職。派遣でIT屋。だらだらしてた。とりあえず生きるので精一杯だった。
2016
福井県鯖江市に一ヶ月ちょい移住。(ゆるい移住でググるとわかります)ずっと住んでた東京、埼玉、関東、もう抱え切れなくなってしまって、捨てたくて捨てたくて、ついに西日本へ逃げる。一ヶ月ゆっくり無職やって、山と田んぼにかこまれて生活。
そのあとルームメイトを探してる方に偶然出会って、大阪へ。二人暮らしを初めて、すごく気のおけない、ゆるやかな暮らし。気を使わないで自分のペースでやれるので本当にいまのルームメイトには感謝している。
8月にまた縁あってIT系の仕事をもらう。フリーランス契約にしてもらって週3日だけ現場勤め。ちょっとだけ辛いけど、それ以外はとくに問題なくやってます。
2017
2月 また縁あって西成のバーで働く。土日のみ勤務。客も店員もエナジーがすごい
8月 現在の仕事をすべてやめて、フィリピンで無職をやる。無給インターンでちょっとした仕事のお手伝い。もっと南へ逃げる。逃げる。

ここからは予定
2018
3月〜8月 一時帰国の予定。なんにも決めてない。その後はできれば海外の案件とってふらっと行ったり来たりの仕事にしたい。中国行きを考えてる。

1-5.スクリプト

今日は肉を焼きます

-お肉

前住んでた家で、その子もあやちゃんっていうんだけど、月に一回必ず牛肉食べるの
これがあれば元気になるから、って、90歳のおばあちゃんが言いそうな理論ですごくよかった

-普段は?

わたしは、普段は鶏肉ばかりです、鶏肉には助けられている
でもなにを食べて生きてるか、そんなに意識してないな
好き嫌いはないです

-料理も?

料理は、これは、単なる性格なんだけど、同じレシピって2度とやらないかも。
特に気に入ったレシピは絶対やらない。
反対に豆腐にはまって毎日毎日豆腐ばっかり、とか、カレーたくさんつくって5日間毎食カレーとか、同じメニューを食べ続けるのは平気。まあいつかは飽きるけど。
同じレシピつくらないのは、前より美味しくなかったらイヤだからがひとつ、前と同じ手順を踏むのはもう道が見えててつまんないからがもうひとつ。

-つまんない

つまんないです、絶望するほどにつまんない。

-絶望的に飽きっぽい 笑

なんでもできるけど得意分野はないタイプ

-ザ 器用貧乏

得意、とできる、をごったにして捉えられがちで、あと、できる=好き、とも思われがち。もちろん嫌いじゃないけど、好き〜ってほどでもない。料理はそんなに好きじゃないです。
わたしがほんとうにすきなのはひとを呼んだりもてなしたりすることで。その過程には料理も入る。料理はできるし嫌いじゃないからついでにやってる感じ。

-パリピですね

パリピです

-部屋が狭くて辛いって

日本のワンルームではもうやらないかもですね。古き良き時代のアメリカ文化に憧れてる系の人間なので、ホームパーティに憧れあるけど、あれは日本じゃできないんだなあ、っておままごとしてほんものの包丁じゃない…って気づいた気分。。笑

-じゃあ次はアメリカで

まあ、なんか広い家とか空間とか、自分の自由にできる場所がみつかったらまた。
とりあえず日本の床に座る文化ははやくなくなってほしい

-家具とか備え付けでいいよね

みんなで勝ちに行く戦略をとらないのはほんとうに謎ですね。
今あるもので我慢しよう、ないならないで、ないなりにやろう、って、それじゃイノベーションは生まれないですよ。床に座ってたら腰も重いよ

-床に座って飲むと酔いがはやいんですね

やっぱり立食っていうのはとても効率がいい食事形態、パーティ形態だと思います

-そういう多文化に興味がある

それだと文化人とかアカデミーのひとみたい
単純に、いまある生活様式に効率のよさを感じないから、そうじゃない生活様式を経験したいっていう感じです
昔の日本の家には土間があった。あれがあるだけでも、効率は全然変わると思う。
アパートの玄関のなさはヤバイでしょ。

-上に上がる、っていう概念のある国では玄関は重要ですね

外と内を靴で明確に区別してるんだから、文化と様式が、あの間取りじゃ矛盾します

-次はどこに行きたいんですか?

行きたい、はわからない。アメリカも変わっちゃった、香港もなくなってゆく、いま、文化的に興味がもてる国ってないです、もちろん知らないことのほうが多いけど、いまある情報で言ったらない。
でも国っていう概念もどんどん古くなってゆくと思っていて、こだわる必要もないのかなって気持ちがさいきん大きいです。
土地だと一番面白いって思ってるのは深セン。勢いのあるうちに行きたい。とりあえず旅行だけでも。

-香港から入れますね

そう。でも去年香港行った時はやっぱり日数が少なくて寄る時間がなかった。今年は、短い旅行はしないので、なにか機会があると思います。

-今年はどこに?

とりあえずフィリピンに半年くらい。フィリピンも…なところはあるけど、中国バブルもはじけたあと、いまバブルをみるならここかな、って。

-やっぱり東南アジア

東南アジアがアツいって言われてもう15年?くらいですかね、またひとつのターニングポイントが来る気配があります
興隆をこの目でみれることなら、みたいです

-今日はここまでにしましょう

はい。

静かに踵を返し、部屋を出る

1-4.スクリプト

-こんにちは

こんにちは

-雨ですね

会社行くときに傘さすのは2回目くらい

-雨少ないんですかね

雨量は減ってるみたいですね

-もとは雨女?

釣りやってたころはほとんど雨でしたね 苦笑

-それは学生時代

そう、小学校のころから考えるとどっちかというと雨女寄りだったような

-でも最近は

すごい晴れ女です

-昨年の旅行は1度も降られなかった

ひとりだと影響がないんですかね、電波干渉みたいな

-気圧の影響とかは受けますか

あまり、意識したことないです

-躁や鬱は内的要因に起因しがち

そうみたいです、まだ、あんまり自分でもわかってないけど。
気圧アプリでも使ってみようかな、

-ジムに通ってました?

ジム…最後の3ヶ月は1回しか行かなかった

-通えなかった

なんかひとの目が気になって。最初は慣れるかな、なんて思ってたけど、回数行くごとに気になるようになっちゃって、ダメでした

-運動はすき?

やるよ!って言われたらよろこんでやるけど、自発的にやるほどのファンではない

-割と受動的というか

コミュニケーションは完全に受動ですね

-能動的なイメージがありそうです

みえるだけなんです、わたしのコミュニケーションってマスっていうかnに向かって発信するんだけど、それは発信であって能動的なコミットではない。
そのわたしの発信に対し、初めて個人が応答をくれる、そこがコミュニケーションの起源です。

-爆弾をつくって置いておき、スイッチをいれるのは他者だと

爆弾の例えは新鮮ですね

-無線みたいな

そうそう、無作為に傍受して引っかかったところになげる。
言い方はきれいじゃないけど、引っかかれば割と誰でもいい

-引っかかった時点ですでに最初のフィルターは超えてきてると

そこはとても重要。
わたしから能動的にコミュニケーションをとることはあまりないので。コミュニケーションをくれる人は大事です。

-それが、他者がわたしの運命を変えることにつながる

そうですね、わたしがマスに向かって、たとえばBBQやろうよ、って発信しても、やる!って反応してくれる相手がいない限り、BBQはわたしの妄想で終わってしまいますから。
みんな、っていうだれかがわたしの夢にコミットしてくれる。(夢は)実現するし、妄想した以上の結果になる。

-特定のコミュニケーションについては

限られてます。

-鍵付きのコミュニケーション 笑

薄情な言い方で、完全にわたしのフォルトだけど、他人に興味をもって接するっていう感覚が希薄です。

-いままでに興味をもてる相手は?

もちろん、少ないけどいますよ

-でも(興味を持った相手との)コミュニケーションは

興味をもったから、というだけでうまくいくということでもないですね

-限定されてるコミュニティでのコミュニケーションは?

興味を持って接してくれてるっていうことがまず1番ありがたい。
あとは、理解…ですかね、1番大きいのは言葉が自由に使える

-言葉が自由に使える

わたしの定義で言葉を使っても、わたしの定義を理解した上で会話を構築してくれる

-ここでもそうですか?

ここでも、わたしの定義で言葉を使えています。自由だと感じます
限定されたコミュニティでも、そういった理解があるから、多少傍若無人になっても、横柄にみえても、ゆるしてもらえてると思います

-普段は自由に話せない

普通の感覚だとは思うけど、
でも、たとえばこころはゆるしてて一緒にいて楽しくて、とても居心地の相手だとしても、言葉の定義がない場合は、わたしは言葉をあまり使いません

-それはそれで、コミュニケーションの手段の一つですね

そうです。だから言葉に頼りすぎ、依存しすぎてる、とも感じる
でも、そんな居心地のいい相手でも、言葉が使えないことをごくたまに不自由に感じることもある

-コミュニケーションにおいて言葉が自分の定義で自由に使える、ということがもっとも大事

いまは、そうです。
言葉が使えない場所だと能動的になりづらい

-気持ちを表現したり

しづらいですね

-作家の江國香織川上弘美がすき

江國さんは中学生のときに、川上さんは大学生の時に愛読してました

-本はよく読む?

小中学生のころはよく読んでる、と言っても過言ではなかったと思いますが、大学〜去年の夏くらいまではまったく読んでませんでした。
去年の夏くらいに森博嗣のエッセーを読んで、そこからまた読書をはじめるようになった。
大学生のころとかは、小説なんか読むのはもうダサいからやめようとか、実際レポート書くために文献読まなきゃだから小説読む暇あったら文献読もう、とか。結局文献も小説も読み進まないで終わってしまった。
いまは、小説しか読んでませんが、月に3〜4冊読んでます。ダサさも気にせず読んでます。

-最近はミステリがメイン

そうですね、情動を揺さぶられないので気楽です。文字を目で追うのが快感。
あとタイトルとか中身じゃなくてブックオフで100円の500ページ以上の本を無作為に選んで読んでます

-おもしろい?

さいきんだとパトリシアコーンウェルとか。
2〜3年前に海外ドラマのCSIシリーズにハマってたんだけど、おかげで情景が映画のように浮かぶから自分で文字を追いながら映画みてる気分です。
たまに頭の中の映像とほんものの映画がごっちゃになって、あれなんの映画のシーンだっけ?とかになる

-刑事モノ、主人公が体制側のストーリーが特にすき

そうですね、刑事とか検事とか検屍官とか。絶対死なないし。
弁護士とか犯人が主人公のやつはちょっと叙情に寄るのでそれもミステリの醍醐味じゃないですね。叙情的な文章が読みたくなったらカズオイシグロ読みます

-SFは?

なんか友達にはSFオタが多いし、スタートレックとかダークナイトとかすきなひとも多いけど、まだあまり馴染まない。
インセプションはすきだしシャマランやキューブリックはみます。

-理系なイメージはありますよねSF

やっぱり時間は限られてるっていうか目の前に相棒とスタートレックあったら相棒選ぶかなあ。科捜研とか。

-みようっていわれたら?

それはみますね。選べっていわれたら相棒だけど、散々みてるし。

-読んで、って言われるのは?

やってみるけど。

-けど、ですね

ハマったらいいなあとは思います。
恩田陸くらいの軽いやつなら、すきです。

-今回はコミュニケーションの方法と読書の話でした。おつかれさまでした

楽しかったです。おつかれさまでした。

退席

1-3.スクリプト

-だいぶ気軽になってきた

まだ不安はあるけど、方向はみえてきたかな、と

-改行は気をつけますね

お願いします笑

-では、今日は現在の生活について

はい

-現住は、大阪市内に在住で、水木金で神戸に通っている

そうです

-土日月火は休み?

ちょうど来週から土日にバイトをはじめます。
11月までは月火に塾のバイトをしてました。
だから直近2ヶ月だけ週4休みだった。

-また塾をはじめるんですか?

いや、こんどはバーのお手伝いを

-飲食業と

ほとんど初です

-深夜?

18-23時です

-まだ始まってないんですね

はい

-始まったらあそびにいきます

ぜひ笑 そこでインタビューしましょう

-月曜と火曜はなにか特定の予定は?

これも先月末からだけど、社交ダンスを火曜に習いはじめて

-ダン

音楽に合わせて体を動かすのは楽しいですね

-ワルツやタンゴ、ジルバ、ルンバ

南米の音楽は明るくて切ない

-ヨーロッパのクラッシックについては

特にないけど、子供の頃はピアノをやってました。母が家で教えていたので。

-のだめカンタービレ

あれも切ない、クラッシックとかヨーロッパってなんか、しみったれてますよね
しみったれたくてどうしようもなくなると、よく聴きます

-去年の10月にはイタリアに旅行に

チャイナエアラインのセールで安くて。たった4日間しかいられなかったけど。初めてのヨーロッパでした。

-ひとりで?

ひとりです。旅行はこっち(大阪)きてからほとんどひとりです。

-思いつきが多いと

1月から3月は貯金と勉強しようと思って、自分で出かけるのはやめてるんだけど、
7月から12月はほとんど毎月どこか行ってましたね

-行った場所を教えてください

7月 自転車で小豆島と四国と和歌山(友ヶ島
8月 高野山南紀白浜
9月 広島、尾道
10月 イタリア
12月 九州縦断

-自転車旅が強烈だった

うん、真夏で、ギラギラしてた、
必死になるの、すごく好きです、ただコントロールが下手だから、体を動かす必死さがちょうどいいのかも。でも怠惰だから公園を走るとかだとすぐサボって追い込めない。
旅は、帰れるかどうか、自分次第だからギリギリで楽しい。ひとり旅は、そういう、博打の楽しさに病みつきになってるのはあります。イタリアも九州も、どうなるかわかんない。ちゃんと帰れるのか、飛行機乗れるのか、宿取れるのか(九州は宿を事前に一切予約せずに行った)。
しかもイタリアも九州も、インターネットなくて。笑

-契約してない?

イタリアは、契約しなかった。ほんとはSIMフリーのモバイルルータ持って行ったんだけど、目当てのSIMを買えるのが街中で、そもそもそこに行くまでに本来ならインターネットがほしいのに、ないから宿のワイファイとかで調べてたらこれでいいんじゃない?事前に調べるだけでなんとかなるな、って。もともとけっこう予習してて行きたいとこ決めてたし。2週間とかいるならまだしも、短いしって思ったらいけた。
九州は、九州行く前、12月頭とかに友達と夜中まで飲んでて酔っ払ってかばんごと、ごとなくして(爆笑)
財布も、ICOCAも、WiMAXもぜんぶ。戻ってきませんでした。

-契約しなおさなかったの

いまもなおしてないんだけど、電話がね、なくてね、怠惰で、、、

-いまも契約はない、インターネットはない

ものをなくすクセをなんとかしたいです

-あまり思ってなさそう

ものを持たないでいい世界にはやくなってほしい

-虐殺器官のような

攻殻機動隊ですね

-インターネットがなくても旅はできる

ブログは書けないけど。
でもいまは宿とかターミナル駅とか、ターミナルシティなら街中にもフリーWi-Fiあるし、けっこういけます。スタバとか。

-確かに、セーフティネットは多いかもしれない

もう10年以上デバイスに付き合ってる。はやく(デバイスから)解放されたい

-これからも旅を続ける?

短い旅行はもういいかなと思います。
最低でも10日とか。半年とか、そういう単位で移動したい。
たとえば、別の国に行って半年だけのバイトをしながら暮らすとか。

-やったことのないこと

そうですね。日本での正社員、契約社員フリーランスは経験したので。でもやっぱり1年は長い。半年とかがいいですね、少なくとも半年に一度は契約見直しのタイミングが欲しい

-一番は移動のため

そうですね、たとえば、2〜3年後は半年働いて2〜3ヶ月ヨーロッパ巡ってまた半年働いて南米巡ってとか、長い旅ができるような働き方に変えたい

-いまはうまく休みを組み合わせて4〜5日の旅だけど、それはやめる

十分やって楽しかったから、もう平気

-恋人もバックパッカー

こだわりはないけど、生き方がうまく沿わせられる必要はあるかと。

-日本に残る可能性は

うーん、イメージはないですけど、
たとえば今日のわたしはわかんないけど、5年後とかに、やっぱり日本に住もう、ってなってる可能性もあるかもしれない。
あとはやっぱり仕事次第ですかね、自分のやりたいことをどこでどうやって展開するか。

-今日はここまでにします。ペース早いね

割と膨大な気がしてるんで、できるときに稼いでおきたい、ムラがあるから、笑

終わり
腰を上げて、ドアに向かう

 

0.about

数多の出会い系SNSを渡り歩いてもうまくいかなかったので、
このブログで婚活します。

インタビュー形式で、わたし、カコナカムラを紹介していきますので
気に入ったら連絡をください。
コメント欄も開けておきます。

簡単なプロフィール
名前;ナカムラカコ
生年月日;1990/8/7
出身;埼玉県
現住所;大阪府
職業;フリーランスシステムエンジニア
学歴;立教大学現代心理学部卒業
好きな酒;ワイン、日本酒

1-2.スクリプト

-前回は(はじまりが)唐突だった

 

うーん、って思ってたら、思ってたことがポロって出ちゃった感じ

 

-でもテーマもまとまってよかったよね

 

少し慣れました

 

-今日もそんな感じで。力まずに

 

はい。微笑

 

-じゃあさっそく、前回の分岐からいく?それとも新規のテーマにしようか

 

前回の分岐ってなんでしたっけ

 

-職場に行ける体力やコミュニケーション力を身につけるよりもやりたいことがある

 

ああ、はい

 

(しばし沈黙)

 

-(無言で見つめる)

 

(目をそらして後ろの壁を見る)

 

-諦めたでしょ

 

あ、バレた

 

-(沈黙の時間は)緊張する?慌てる?

 

なんだろ。降りてくるのを待つ、って感じ。

 

-降りてくる

 

頭の回転が遅いなあって思うんだけど

最初にやるのは自分の頭の中のデータベースを全文検索して

今の気分とこの相手とこの状況と、で合うやつを

片端から検索する。でも大体途中でハングしちゃうから

あとは諦めて天からひらめきが降りてくるのを待つ

 

-なるほど。やっぱり、構築だ

 

構築ですね。会話は。

 

-流れの早い場所は苦手

 

うん。足場をちゃんと組みたい。(笑い)

 

-起承転結の起が長いんだっけ

 

我慢できない人とかだと、なかったことにされちゃう(苦笑)

大阪の人はせっかちかも。

でも飲みの席とか、例えば立ち飲みで隣にいた人と話すときとかは

スピードが大事だったりするから、そういう時は頑張って合わせる。

 

-本当はゆっくり話したい

 

やっぱり頭の回転が遅いんだと思います。

今自分が考えていること、それがどこに到着するのか、

筋道を一つ一つ踏まないと、すぐわかんなくなっちゃう

 

-プロシージャが大事

 

大事なことにおいてなら。

 

-それはそう笑

 

作業は苦手だけど判断はできます

 

-大事なことを大事にする判断と

 

大事じゃないことをないがしろにする判断

 

-やりたくないことをやるな、っていうやつ

 

不必要なことにコストをかけるほど、暇じゃないと思う

 

-なかなか効率のいい集団、っていうのはいない

 

そう。集団になると途端に難しくなる。

私は軍隊というものの実態を知らないけど、

あれは効率がいいものなんでしょうか

 

-効率のいい集団は幻想?

 

長短だと思っているから、効率が悪くても、

得るものがちゃんとありさえすれば、

集団は魅力的です。

 

-今の所は、イメージがない

 

そうですね。

効率のいい団体が、多様性を脅かさないでいられるのか、

って思うと、あまり頷けないです

 

-でも効率を別にすれば集団は魅力的

 

うん。他人はわたしの運命を変えるから。

誰かと一緒にいる、っていうのはすごくいいことです。

 

-今は誰かと住んでいる

 

今も、誰かと。今は、あやちゃんっていう女の子と。

二人です。お部屋は2K

 

-二人暮らし

 

二人は初めて。最初が2014年の4月で12人くらい、それから8人、

15人、1人、3人、今です。

 

-ひとりもあるんだ

 

その時は、ビルをシェアしていました。

4フロア、1階は店舗で全部で6部屋だったかな。

みんなで同じビルに住んでた。

でもひとり部屋って思ったより快適で、あんまり、

リビング的な交流ルームには寄らなかったな。

 

-やっぱり住むならシェアハウス

 

ビルの時はだからほとんど一人暮らしみたいなもので

想像していたより楽しくて快適だったけど、

自分から一人暮らしを選ぶことはしないですね。

 

-でも例えば、シェアハウスにもよるだろうけど、

劇団やバンドマンみたいな集団や、もちろん会社っていう集団とも異なるよね、

シェアハウスにおける集団

 

何かを一緒にやらなくていい、っていう、

集団だけど、一つを目指さなくていい。それが一番気楽なのかもしれない。

 

-ひとりで遊びたいけどひとりにはなりたくない

 

人がいる、って安心する

 

-今の暮らしは?

 

とっても快適。

でも一番嬉しいのは、近づきすぎない距離、絶妙の距離を保ててることかもしれない。

 

-すきになると割とべったり派だ

 

そうですね、自分と相手の区別がつかなくなる、っていう人間関係を

よくやりがちです。

最近は幸いにもそういう相手に出会ってないので、自分のエリアを

保ててるけど。

 

-あやちゃんも、距離を取れる

 

でもこれは、わたしがどっちかというと感謝している点で、

うまく言えないけど。

すきの最大級で、そこから甘えて依存する、にならない

ピークみたいな。

本当に奇跡みたいなバランスだと思ってる

 

-具体的に?

 

うーん、気にしない、の範囲がすごく似てるのかな。

洗い物が溜まっていても気にしない、ゴミが溜まっていても気にしない、

でも気づいたりできる時は洗うし、捨てる。みたいな。

で、割ときれい好き。

本当にきれいなのが好きな人って、汚いと怒るでしょ、どこかで。

最低ライン、みたいなのがあって。

わたしたちは今の所どちらの最低ラインも超えてないですね。

 

-生活における感覚が近いんだ

 

わたしお家に人を呼んで、ご飯作ったり酒飲んだりするのが好きなんだけど、

そういう時って張り切って掃除とかするでしょう、

わたしが呼びたくて集めて、わたしの友達を呼ぶのに、

あやちゃんが、トイレと玄関と台所掃除しててくれたんですよ、

わたしが仕事行ってる時。

 

-それはなかなかできない行動だね

 

わたしは、自分がやりたい、っていう理由で前住んでた家で

掃除や食器洗いしてたりしたけど、

それを誰かにされたことは初めてかも。もちろん、

ないわけじゃないんだけど、でもここまで完璧にやってくれた人はいないです。

 

-ふだんも結構きれい好きなんだ

 

でもムラも結構あって笑

あと洗濯物を取り込まない。笑い

3日くらいほしっぱなしだったりする。

最初はわたしが洗濯する時畳んで入れてたんだけど

最近はポイッて投げてることが多い。

 

-でも入れるのはあやちゃんじゃない笑い

 

そう。気にしてない(お互いに)

 

-買い物とかごはんは一緒に?

 

よく、といっても週12回かな、

二人とも映画が好きだから一緒に見たりして

その時に一緒にごはん食べながら見たり。

あとは誕生日とかクリスマスとか。

わたしがごはん作るの好きだから、

たまに美味しい肉買ってきて焼いたのを一緒に食べたりとか。

夏は流しそうめんやりました。失敗したけど笑

 

-シェアハウスだ

 

そうですね。居心地がいいです

 

-でもまた移動する

 

移動しますね

 

-楽しみ?寂しい?

 

楽しみがちょっとだけ多い。

 

-自分の選択だものね

 

そう。新しい未来にワクワクすることは、

今がどれだけ幸せでも、やめられないと思います。

 

終わり

1-1.スクリプト

やっぱりかなしいのかもしれない。

 

失ったことが。

 

-たまたま翳に入っただけの可能性も

 

それも、ある。

 

-時間はかけたほうがいいね

 

変わっていきます

 

-いまと同じところにはいない

 

うん

 

-同じところにはいたくないと

 

変われなくなるのがこわい

 

-畏れなんだ

 

恐怖を認識できなくなるのもこわい

 

-怖いものがない、という自惚れを自覚しないこと、そのものをおそれてると

 

自覚のない瞬間が、やっぱり、、

だから性格がキツい 苦笑

 

-素直とか、無邪気とかに憧れる

 

でもアスペだから、やっぱりどうしても気づいてないところもあるんです

アスペじゃなくても、人間、常に自分の行動すべてを律して自覚できてるなんて、それこそ思い上がりもいいところだと

 

-自分の無意識の行動が他人を怒らせる?

 

怒らせたり。傷つけたり。

 

-自覚?それとも、相手から表現されるの?

 

思い込みなのかな

 

-どっちにしろ、見えてないよね

 

苦手です

 

-他人の行動から内面を考えること

 

感覚がない。あきらめてるところはあって、あきらめてそれで捨てて終わりにしていいのか、ってなったら、良し悪しの判断はひとそれぞれなんだと思うけど

でも、時間かけて、それに取り組みたいのか。職場でうまくやるコミュニケーション能力を身につけるよりも、職場に行かなくても楽しく生きていける力を身につけることのほうが興味がある

 

-自分の人生を生きる

 

こんな感じのわたしで、他人の行動から他人の気持ちを察するのとか全然できないけど、それでもありがたいことに人間関係を続けてくれるひとたちがいるんです

 

職場ってよくわかんないのは、仕事の顔でしか接する機会がないこと、

たとえば、知りたいって思ったときにどう行動したらいいかわからない

 

-飲みに誘うとか?

 

今の職場ね、飲み会がたまにあるんだけど、来たいですか?って誘われるんですよ 笑

来たくなかったら来なくていいですよ、気を使わないで、って。

でもわたしが酒飲みなのはもうみんな知ってるし、その上でそうやって誘われたら嫌われてるのかな、としか。

 

-それ嫌われてるんじゃない?笑

 

嫌われてるのかも

 

-やっぱり、コミュニケーションが投げれてないし受け取れてないね

 

そうですね

 

-話を戻して、知りたいと思ったときに行動をするか、しないかの判断、職場という場所に限定して

 

やっぱり怖いのかな、露呈するのが

ドン引きされるほどトリッキーなキャラクタもないし、どっちかというとあまり特徴のないほうだけど。でも距離を詰めようとしたときに拒絶されたら怖いですね

 

-職場での人間関係にそこまでエネルギーを使うのも、あまりイメージわかないね

 

自然と仲良く、ってすっごく難しいですね

 

-たしかに、自然と仲良くしたいな、っていう気持ちがあるひとに向かって、そういう酒の誘い方はちょっと壁あるね

 

やっぱり職場の人間関係は諦めよう 笑い

仕事に支障がない程度で。怒ってるのか、よろこんでるのかもよくわかんないけど、気にしないでいられるようになった。

 

-気にしないでいられるようになった

 

お金をもらう、とか責任を持つ、とかそういうのと、本来のやるべき業務っていうのがわかんなかった。1,2年目は。そんなにやらなきゃいけないこともないのに、業務中常にビクビクして、人の目がずっと気になってて、そのままうつ病になりました。笑

でもいまは、やることさえやってればいいんだってこと、間違えたら謝って直して、次から気をつければいい。そういう、心のしきり?みたいなのをちゃんと持つようになった。

 

-他人は他人、自分は自分

 

そうだと思う。長く一緒に働いたりすると似てくることもあるのかな。

案外みんな、いない人の批評とか結構簡単に言うんだな、ってのは社会人になってから驚いた。

でも腹が黒いとか、派閥が生まれて険悪だとかそういうんじゃなくて、もっとフラットに関係してる。さっき軽く仕事のやり方について批評してたひとが、その相手と仲良く話してたり。裏表っていうんじゃなくて、でもそういうオトナ?シビア?な目線っていうのかな、そういうのが成り立つんだなあって。

 

-仕事編第一弾はこれで。お疲れさまでした。

また日を置いて二弾をやりましょう

 

はい。ありがとうございました。

 

終わり

部屋を出る